Twitter APIへの登録方法を画像で解説!

python
5

Twitterを利用してデータの収集を行いたい!

そんなときに必ず必要となるTwitter APIを使用するためには、Twitter APPへの登録が必要です。
この記事では、Twitter APPへの登録方法を画像付きで詳しくご紹介します。

Consumer KeyやAccess Tokenの取得も、この記事の手順通りに行えば大丈夫です!

用語解説

Twitter APIとは

Twitter APIとは、Twitterのタイムラインやリプライ、検索機能などをTwitterのウェブサイトやアプリ外から利用することができる機能です。

例えばTwitterに自動投稿するプログラムを書きたい、Twitterのタイムラインを自動取得するプログラムを作りたい、という時には、このAPIを使用する必要があります。

Twitter APIを使用するためにはTwitter APPを登録する必要があります。
この記事では、Twitter APPを登録し、APIを使用するための「鍵」を手に入れるまでを解説します。

(タイトルの「APIへの登録」という表現は、厳密には間違っていることになります。)

 

Consumer Key、Access Token、Access Token secretとは

Twitterを使って何かをしてみたいなと思って検索してみると、これらの見慣れない単語が目に入るかと思います。

これらは、Twitter APIを利用するために必要となる「鍵」となっています。

Twitterのウェブやアプリを用いる場合はログインを行うと思います。
これらの鍵を使うことで、あなたのプログラムもAPIにログインすることができるのです。

これらはTwitterにログインするための鍵なので、絶対に人に教えてはいけないものです。

これが他人にばれてしまうと、不正ログインを許してしまうことになります。

 

Twitter APPの登録手順

Twitterのユーザー登録と電話番号の登録

Twitter APIを使うためには、まずTwitterへの登録と電話番号の認証が必要です。

こちらについては、以前の記事でご紹介していますので是非参考にしてみてください。

関連:Twitterに電話番号を登録する方法を画像付きで解説!

Twitter Developersへの登録

Twitter APPの登録にはTwitter Developersのアカウントが必要になります。

Twitter Developersは英語サイトしかないため非常に敷居が高く感じますが、こちらも以前の記事で登録方法を詳しく説明しています。

関連:Twitter Developersの登録方法を画像付きで解説!

 

Twitter APPの登録

上二つの手順から連続でこの記事を読んでいる方、おつかれさまでした!

これでやっと、あなたのTwitter APPを登録する準備ができました。

Twitter APPの登録もDevelopersへの登録と同様、英語サイトのみになります。
この記事でも、画像付きで訳文を載せながら、分かりやすく解説しますので一緒に頑張りましょう!

 

まず、Developersにログインした状態でDevelopersのGet-Started画面にアクセスします。
https://developer.twitter.com/en/account/get-started

すると以下のような画面が表示されますので、「Create an app」を選択します。

次に表示される下の画面では「Create an app」をクリックします。

次に、作成するアプリの詳細を入力します。

アプリの名前は英数字である必要があります。

また、Application descriptionはTwitter Developersの登録時に入力した「作成するアプリについて」をそのままコピペすると非常に楽です。

Website URLにはアプリのホームページを入力します。

アプリについての説明などが記述されたホームページであることが望ましいですが、お持ちでない場合はgoogle.comなどを記入しても問題ありません

 

これに続く各項目(以下)は、必要に応じて入力してください。

  • Callback URLs[任意]: アプリログイン後に表示されるコールバックアドレスを記入します。
  • Terms of Service URL[任意]: APIサービスに関する規約がある場合は、それが記載されたサイトを入力します。
  • Privacy policy URL[任意]: プライバシーポリシーの表示がある場合は、それが記載されたサイトを入力します。
  • Organization name[任意]: 組織で運営する場合は、組織名を入力します。
  • Organization website URL[任意]: 組織関するホームページがある場合は、そのアドレスを入力します。
  • Tell us how this app will be used[必須]: アプリがどのように運用されるかについて、最低100字で説明してください。上記の説明と同じでもいいですし、別の書き方をしてもかまいません
    英語が苦手であれば、日本語で書いた後にgoogle翻訳で翻訳したものを貼りつけましょう。

これらを書きこんだら、いよいよアプリの登録です。

一番下にある「Create」ボタンを押すと、アプリが登録されます!

 

Consumer KeyとAccess Tokenを取得する

アプリ登録が終わると、今作ったアプリの詳細画面が表示されます。

ここで、「Keys and tokens」タブを選択すると、Consumer Keyなどが記載されたページに切り替わります。

最初はAccess token & access token secretが表示されていませんので、「Create」を押して新規に発行してください。
すると上の画像のように、

  • API key
  • API secret key
  • Access token
  • Access token secret

の四つが表示された状態になります。

これらの「鍵」を使うことで、あなたはこのアプリを介してTwitter APIを使用することができます!

 

権限を変更する

最後に、あなたのアプリの権限についてご紹介します。

アプリには以下の三つの権限があります。

  • Read only: 情報の取得のみ可能
  • Read and write: 情報の取得と、ツイートが可能
  • Read, write, and direct messages: 情報の取得、ツイート、ダイレクトメッセージへのアクセスが可能

デフォルトの権限は「Read and Write」になっているため、もし情報の取得だけで良いので書き込み権限をなくしたい、あるいはダイレクトメッセージにもアクセスできるようにしたい、という場合には権限の変更をする必要があります。

まずPermissionタブを選択します。

次に、Editを選択します。

そして表示された画面で、変更したい権限にチェックを入れ、「Save」を押してください。

 

なお、これらの設定はTwitter Appsからいつでも変更することができます。

今後やりたいことに合わせて、柔軟に変更していきましょう。

 

まとめ

さあ、APIを使う準備ができました!

このサイトではこれから、Twitter APIをつかってできることを分かりやすく、面白くご紹介していく予定です!

更新報告はTwitterで行いますので、是非Twitterのフォローをお願いします!

Twitter:もじとばコム


python
pickleでエラーならdillで保存する!【Python】

Pythonのpickleを使うと、いろいろなデータを保存出来て便利ですよね。 しかし、ファイルオブ …

Twitter
Twitter APIを使ってできることは?

いまの時代、マーケティングなどにおいてTwitterの分析は欠かせません。 そしてTwitterの分 …

python
1
【WP REST API解説】投稿を更新する(POST /posts/id)

Word PressのAPIを用いてすでに投稿されている記事を更新する方法について説明します。 あわ …